mayuのHAPPY STUDY NOTE

浪費家専業主婦。年収の割に貯蓄がない?!今更すぎる家計管理はじめました。

【新元号は"令和"に!】新年度から家計簿をスタートする人へ伝えたいこと

スポンサーリンク

f:id:mayuuuuuuu520:20190401115656j:image

こんにちは。mayu(@mayukakei)です。

 

新元号が発表され「令和」に決まりましたね。

ついに平成もあと1ヶ月ですが、毎年と変わらず4月からは新年度です。

 

「心機一転」をする方も多いと思います。

家計管理に悩んでいる方、月や年度の切り替わりから家計簿を新たにスタートする方に、何度も家計簿を挫折したわたしから伝えたいことを記事にしました。

 

特に過去のわたしもそうだった、家計簿初心者の方に届けたい気持ちです。

 

 

 

 

家計簿は一生つけなくてもいい!

家計簿を何年もしっかり記録している方、本当に尊敬します!!

 

家計簿をずっと継続して続けるメリットは、

  • 過去の家計の動きや傾向を確認できること

だと思います。

 

例えば年末年始、家計簿を何年も継続して記録していれば、去年一昨年はいくらくらい支出があったのかを確認することができます。

そして予算をしっかり立てることができます。

 

過去のデータは、何においても検討する材料として大切です。

 

でも家計簿を何度も挫折したわたしには何年も続けるのはハードルが高い…

今から家計簿を始める方も「続けられるかな…?」と不安な方は多いんじゃないでしょうか?

 

 まずは1週間続けることを目標にしよう!

どんなことでもよく言われること、「目標は小さいところから」

 

今まで家計簿をつけたことがなかったなら、レシートをもらってポイせずお財布に入れて持ち帰ること、それだけでも進歩です。

 

そして帰宅してそのレシートの金額を書き写す。

何もしてなかったときに比べたら、これだけでも大変な手間です。

 

まずは1週間、記録を続けてみましょう。

なぜ1週間かというと、平日と休日で支出の傾向が違ってくるからです。

最初の1週間、どのようなお金の流れがあるのかを知るだけでも家計簿をつける意味は大きいものです。

 

次の目標は1ヶ月継続すること

お勤めの方は月に1回給料日があるので、1ヶ月ごとに締めるのがわかりやすくやりくりする方法です。

 

収入の入金タイミングが月1でなくとも住宅費や光熱費、各種支払はだいたい月1で訪れるものです。

 

そのためやりくりの単位はひと月にすることをおすすめします。

家計簿も1ヶ月続けると家計のレギュラーな流れは把握できます。

 

1ヶ月続けたその先は自分に合った方法を探す

家計簿を1ヶ月つけるだけで、無駄遣いや節約できるところが見えてくるはずです。

そこからは自分に合ったやりくりの方法を探してみましょう。

 

家計簿をつけることが習慣化したならば続けるのが1番!

特に半年→1年と続けると、ボーナス時期や税金や保険料の年払いや半年払いの時期を経るので、イレギュラーな収入支出を含めて、しっかり家計の流れを把握することができます。

 

1ヶ月なんとか頑張ったけどやっぱり大変だと感じたなら、1ヶ月でみつけた無駄遣いを減らす努力をしてみるといいですね。

 

もし家計簿を中断して、また家計管理に不安を感じるようになったら、再び1ヶ月だけ家計簿をつけてみる…というのもいいと思います。

 

 

わたし自身、「づんの家計簿」で家計簿を1年ほど続けて今は自分にとってストレスにならないようにを記録してます。

 

家計簿で大切なことは続けることよりも「把握をすること」

家計簿は続けることよりも、家計の現状や問題点をしっかり把握することがいちばん大切だとわたしは思っています。

 

良いと思うものは参考にしたり真似してみるところから始めてもいいですね。

 

新年度から家計簿をスタートしようと考えている方、義務感にとらわれすぎずマイペースに楽しんでみてください。

 

わたしもまだまだやりくり上手を目指している途中です。

一緒に頑張りましょう!!

 

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

スポンサーリンク